バストアップサプリに配合されている成分

バストアップサプリの成分と言えば、やはり最も有名なのは「プエラリアミリフィカ」でしょう。ただ、ひとくちに「プエラリアミリフィカ」と言っても、そのクオリティはさまざま。「AAAランク」など、原産国で認められた高品質の成分が配合されているものを選ぶことが大切です。

女性ホルモンに似た作用があり、バストアップ以外にも更年期障害の症状緩和や美肌効果など、女性にうれしい効果が期待できるプエラリアミリフィカですが、近年では安易な服用による健康被害が報告されています。

プエラリアの副作用の主な原因は「女性ホルモンの乱れ」によるもので、高い効果と裏腹の関係にあります。効果を求めるなら、副作用のリスクについても十分理解した上で、用法・用量を守り、少しでも異常を感じたらすぐに服用を中止して医師の指示を仰ぐことが大切です。

「効果は魅力だけど、副作用はこわい…」そんな方におすすめなのが、プエラリア以外の天然ハーブを使ったバストアップサプリ。サプリ大国のアメリカでは、フラックスシードやドンクアイ、フェヌグリークシード、フェンネルシードなどが配合されたバストアップサプリが人気です。いずれも、エストロゲンをサポートする効果があり、日本の厚生労働省にあたるFDAに認可されている成分。ただし、海外製のサプリを自己判断で使うのは、やはり危険です。日本で認められた成分だけを使い、日本人の体質に合った、国産のサプリを基本に選ぶのがよいでしょう。

また、バストアップサプリには、バストアップに直接効果が期待できる成分だけでなく、リラックス成分や美肌成分、スッキリ成分などが配合されているものもあります。バストの魅力は「大きさ」だけではありませんよね。美しくハリのあるバストを手に入れるためにも、バストアップ成分以外の成分にも注目してみるのもポイントです。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。